クレイジェル(粘土ジェル)の使い方!必要なものとアート例も

色んなメーカーが色んな名称で発売している「クレイジェル(別名:粘土ジェル)」。

なんだか難しそう?扱いにくそう?といったイメージがありますが、実は使ってみるととても簡単に高見えネイルができちゃうんですよ♡

今回はクレイジェルの使い方についてご紹介します!

おすすめのクレイジェルは

さっそくですが、今回わたしが購入し使ったものがネイル工房さんのクレイジェル。

72色のカラーバリエーションがあるのですが、今回はミラーパウダーと使用したかったのでホワイト(CA01)を購入しました。

見た目はこんな感じです。真っ白!

1つ398円と安いですし使う上でまったく問題もないので、特に使ってみたいクレイジェルがない方や初めてクレイジェルを使う方にオススメですよ〜!

クレイジェルに必要なもの

クレイジェルに必要なものはいくつかあるのですが、まずは絶対にあったほうが便利なのがシリコンスティック。

クレイジェルがくっつかずに形を整えやすいので用意しておくことをオススメします!

created by Rinker
¥220(2022/11/29 16:33:10時点 楽天市場調べ-詳細)

その他、必要なものは以下の通りです。

  • ベースジェル
  • ノンワイプトップジェル
  • 好きなカラージェル
  • 細めの筆(わたしは以下の「ショートライナー」を使っているのですが扱いやすくてオススメですよ)
  • マットトップ(あれば便利、なくてもOK)

クレイジェルの使い方

クレイジェルの使い方は、まずベースとなるジェルを二度塗りして硬化します。

その後マットトップを塗り硬化。今回はシアーなカラーでワントーンにしてみました。

もしマットトップがない場合はトップジェルで仕上げてからスポンジバッファで表面の光沢を取ってもOKです。

そうしたらさっそくクレイジェルの出番。

楊枝やウッドスティックなどを使ってクレイジェルを少し取ります。

さわり心地は本当に粘土みたいですよ。

指にくっつくこともなく、好きな形に成形できます。

均等に細長くしたい場合はアルミホイルなどの上でコロコロと転がしてみてください。

形を崩さないようにそっとネイルの上に置き、シリコンスティックで形を整えていきましょう。

簡単に形が変わってしまうので優しく整えてくださいね。

今回はゴールドリングをイメージして、少し上からシリコンスティックで押して形を作ってみました。

形ができたら硬化します。

ミラーパウダーを乗せる場合はその後ノンワイプトップを塗りましょう。細めの筆を使ってはみ出さないように塗ってくださいね。

硬化したらミラーパウダーを塗ります。こんな感じ。

はみ出たミラーパウダーを拭き取って、最後にノンワイプトップジェルを塗ったら完成です。

他にも色んなデザインを作ってみました⇓

クレイジェルを使えば安定させにくいVカットストーンも埋め込みやすいですよ◎

今回はミラーパウダーと合わせてリングネイル風なデザインにしましたが、クレイジェルには先ほど言った通り豊富なカラーがあります。

なので例えばうさぎやクマなどのキャラクターや、お花などの立体的なアートも作ることができますよ。

扱い方も本物の粘土のように簡単なので、ぜひ試してみてくださいね!

また、以下の動画ではクレイジェルを使ったリングネイルのやり方をご紹介しています。ぜひチェックしてみてください♡