冬もペディキュアをするべき?爪のためにも「放置」はNG

夏はサンダルを履く機会も多く、ペディキュア(フットネイル)にも気合が入りますよね!

でも秋や冬は素足になることも少なくなり「どうせ誰にも見られないから…」「ちょっと休憩することも必要だし」とペディキュアをしない方も多いかもしれません。

しかし足の爪のためには「何もしない」はNG。綺麗で健康な爪を保つためにも、きちんとケアしてあげましょう!

冬もペディキュアをした方が良い理由

おしゃれのためだけでなく、冬にもペディキュアをした方が良い理由があるんです。

欠けや亀裂を予防する

秋や冬は湿度が低くなるため爪も乾燥しやすくなります。爪にとって乾燥は大敵!爪に十分な水分がないと次に生えてくる爪が欠けやすかったり二枚爪になりやすかったり…良いことがありません。

そもそも足はふいにぶつけてしまったりして欠けやすいので、特に予防してあげる必要があります。

まずは乾燥を予防するキューティクルオイル。お風呂から出た後などに爪の根元に塗り、軽くマッサージしましょう。

そしてジェルネイルで爪に厚みを出して乾燥や欠け、亀裂から守ります。もしジェルネイルをしたくなければベースコートとトップコートを塗るだけでもOKですよ。

汚れがたまりやすい

冬は靴下やタイツ、ブーツなど足が空気にさらされず蒸れやすい状態が多くなります。すると雑菌が繁殖しニオイの原因となったり、皮膚トラブルを引き起こすことも…。

毎日、お風呂で念入りに足を洗うのはもちろん、ネイルサロンで角質ケアをしてもらうのも良いでしょう。「フットケア」をメニューに取り入れているネイルサロンなら、余分な角質を除去しツルツルすべすべに仕上げてくれますよ。

1つ気をつけて欲しいのが、自分で角質ケアをする時。角質は取りすぎると皮膚が薄くなり痛みが出て歩けないほどになることもあります。

また角質パック・ピーリングマスク等と呼ばれている「角質がベロベロ剥がれる」と謳っている製品は十分使用に気をつけてください。こちらも健康な皮膚まで剥がれてしまう可能性があります。

夏よりも長く楽しめる

一般的に足の爪は手の爪より伸びるのが遅く、そして夏よりも冬の方が遅いと言われています。そのため一度ペディキュアを施せば夏よりも長く楽しめる!というわけですね(´∀`*)

※以下、足の写真が出てきますのでご注意ください。

例えばこちら。付けたばかりと、

3週間強経ったとき。ほぼ変わりませんw

とは言え先ほども言った通り冬は足が蒸れやすく、伸びたまま放置しているとグリーンネイルの原因となってしまいます。1ヶ月ほどで付け替えるのを目安にしてくださいね。

冬のペディキュアにオススメのデザイン

さて、冬にもペディキュアや足のケアは必要と分かったところで、冬にオススメなペディキュアのデザインをご紹介します。

レオパード

ブラウンのワントーンをベースに、ポイントでレオパード柄を。ゴールドのミラーネイルも今年っぽくて良いですよね。

和柄

和の雰囲気を感じさせる赤とゴールドの組み合わせは鉄板。真っ赤なネイルは手だと躊躇しちゃいますが、足なら思う存分楽しめますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Murano(@heraherasister_nailist)がシェアした投稿

白グラデーション

冬のネイルデザインのド定番、白グラデーション。雪のような儚い雰囲気を感じさせてくれる白グラデーションは冬にピッタリです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

anminails(@anminails)がシェアした投稿


ちなみに…靴下やストッキング、タイツを履く時に引っかかりやすくなるので冬のペディキュアはストーンなしがオススメですよッ。

冬もペディキュアを楽しもう

誰かに見せるわけではないけど、靴を脱いだ時、靴下を脱いだ時、自分の足の爪が綺麗だとテンションは上がるもの。

爪を綺麗に保つためにも、冬も放置せずしっかりケアしてあげてくださいね!