二枚爪の原因と治し方!ジェルネイルの持ちが悪くなるって本当?

誰もが一度は経験したことがあるだろう二枚爪。痛みがあるわけでもなく、どうやってケアすればいいのか分からないから…とそのまま放っておきがちですよね。

ですが二枚爪のまま放置しているとグリーンネイルや水虫などを引き起こす可能性も…!そこで今回は二枚爪の原因と治し方をご紹介します。

二枚爪とは

まずは二枚爪について簡単にご説明しますね。実は爪は上から

  1. トッププレート
  2. ミドルプレート
  3. アンダープレート

と3枚の層から出来ています(指を指先から見た下記画像だと、茶色がトッププレート、青がミドルプレート、ピンクがアンダープレート)。

二枚爪はこのトッププレートもしくはミドルプレートが剥がれた状態のこと。医学的には「爪甲層状分裂症(そうこうそうじょうぶんれつしょう)」という名前が付いています。

「剥がれる」だったり「分裂症」だったりすごく痛そうですが、爪は死んだ状態なので痛みは感じません。

グリーンネイルや水虫の原因になる

痛くないからと言って放置しておくとグリーンネイルや水虫の原因になることもあるんです。

手よりも注意すべきは足。

足は靴下や靴を履いたまま過ごすことが多く通気性がよくありません。そのため二枚爪のまま放置しておくとそこに菌が入りグリーンネイルや水虫になってしまうわけですね…。

ジェルネイルの持ちが悪くなる

二枚爪はジェルネイルの持ちも悪くなってしまいます。

すでに剥がれている状態のところにジェルで固めても、時間が経過するとやはり剥がれてきてしまう=その部分が浮いてしまう、ということですね。

ジェルネイルが浮いたまま放置しておくとやはりグリーンネイルなどの原因になるので、二枚爪のままジェルネイルは塗らないようにしましょう(二枚爪でジェルネイルを塗る時のコツは後述)。

二枚爪の原因は

二枚爪がなにか分かったところで、まずは二枚爪にならないよう二枚爪の原因について知っておきましょう。

乾燥

二枚爪の最も大きな原因は乾燥です。

爪の水分や油分が失われると爪の柔軟性がなくなり、少しの衝撃も受け止めきれず二枚爪になってしまいます。

爪切り

爪を切る時に使う爪切りも二枚爪の大きな原因の1つです。

先ほど言った通り爪は3枚の層からできていますが、爪切りはトッププレートとアンダープレートを挟みその圧力で爪を切る仕組み。

ショートケーキをフォークで切った時に断面がぐちゃぐちゃになりますが、爪切りもまさにそれなんです。切った断面がぐちゃぐちゃになり、3枚の層が剥がれ二枚爪になってしまうわけですね。

血行不良

爪は根本部分の「爪母(そうぼ)」と呼ばれる部分で作られ、上に押し上げられる形で伸びてきます。

作られる段階で血行不良が起きると爪の栄養が足りなくなり、二枚爪の原因となります。

食生活

血行と同様、食生活も爪の質に関係してきます。

二枚爪にしないためには

原因が分かったところで、二枚爪にしない予防方法を知っておきましょう。

乾燥させない

まずはなによりも乾燥させないこと。ハンドクリームでも良いですが、ハンドクリームよりも粒子が細かく浸透しやすいキューティクルオイル(ネイルオイル)がオススメです。

洗顔後や食器洗い後、入浴後など水を使ったあと爪の根元部分(爪母)に塗ればOKですよ。

爪切りは使わない

爪を切る時は爪切りでなくネイルファイルを使って、”削って”短くすることをオススメします。

もし削るのが面倒であれば、爪切りで短くしたあとに少しファイルで削るのでもOK。爪切りで切ったままにしないことが重要です。

また、ファイルで削ったあとはファイルよりも目の細かいスポンジバッファで断面をなめらかにしてあげましょう。

血行を良くする

冷え性の方は特にですが、指を意識的に動かして血行を良くしてあげましょう。キューティクルオイルを塗ったあと、少し指をマッサージしてあげるのも効果的ですよ。

食生活を整える

健康な爪を育てるためには様々な栄養が必要ですが、特に良質なタンパク質を取ることをオススメします。

  • 卵や牛乳などの乳製品
  • 鶏レバーや豚レバー
  • 鰯やカツオ

もちろんこれだけを食べていればOKというわけでなく、バランス良く様々な栄養をとることが大事です。

コンビニ飯やジャンクフードは手軽な上おいしいのでなかなかやめられませんが、爪のためには可能な限り避けるのがベターです。

二枚爪になってしまったら

対策をどれだけしていても、二枚爪になってしまったら…対応をしっておきましょう。

ベースコートとトップコートで保護する

一番手っ取り早いのがベースコートとトップコートで保護する方法。ベースコートとトップコートを塗ることにより二枚爪が引っかかることも防げます。

しかしリムーバーは爪の乾燥の原因=二枚爪の悪化に繋がります。ベースコートとトップコートを塗ったら頻繁にオフをせず、3週間程度は塗り足して行くようにしましょう。

二枚爪の部分だけを削る

二枚爪の範囲がそれほど広くなければ、二枚爪の部分だけファイルで削ってしまってもOK。削ったあとはスポンジバッファで表面を整えてくださいね。

ただし削りすぎると爪が薄くなり痛みを感じる場合もあります。自分でやるのは怖い…という場合はネイルサロンで「ネイルケア」をオーダーしましょう。

ジェルネイルを塗る

ジェルネイルで保護するのも1つの手です。しかし二枚爪のまま塗ってしまうと先ほど言った通り浮きの原因になるので、二枚爪は必ず取りきってから塗るようにしてください。

セルフでやってももちろんいいのですが、二枚爪が出来てしまった時のジェルネイルはネイルサロンでやってもらったほうが安心と言えます。

まとめ

一度なってしまった二枚爪は治りません。そのためまずは二枚爪にしないこと。そしてもしなってしまった時は他の病気を引き起こさないために放置せず対処することが大事です。

たかが二枚爪されど二枚爪。本記事が参考になれば幸いです。