tekaleの持ちは?付け方は?ジェルとの違いは?徹底解説

最近セルフネイラーの間でグンと人気が増してきたジェルネイルシールはohoraやジェラートファクトリーなど、そのほぼすべてが韓国ブランドだったのですが…。

今回なんと初!?の国産ブランドtekaleの「Magic Gel Nail」が誕生しました!

国産というだけで信頼できる気がしますが、ぶっちゃけ品質や持ちはどうなのよ?ということで現役ネイリストが試してみましたよ。

忖度一切なし!ガチで検証しますので、気になっている方の参考になれば幸いです。

※tekaleは2021年2月現在プロトタイプを販売中で、本記事ではそのプロトタイプを検証しています。あくまで開発段階の商品ですので将来的にリリースされる完成品とは価格や仕様、発送方法など様々な点が異なる可能性があります。ご了承下さい。

tekaleとは

ジャパンブランドのネイルやコスメを販売しているtekale。この度、日本で人気が出てきているジェルネイルシール分野に進出しました。その名も「Magic Gel Nail」。

すでに認知度のあるohoraやジェラートファクトリーと同じくUVライトで硬化させるタイプのジェルネイルシールで、その仕上がりはネイルサロンでのジェルネイルと同じ…とのこと!

参考画像:tekale

ただし現在はまだプロトタイプ(開発段階)で、今後改良を重ねていくそうです。(※)

そして今回そのMagic Gel Nailのサンプルをtekaleさんから頂くことができたので、そちらで付け方や持ちなどを検証していきたいと思います。頂戴したとは言えもちろん忖度一切なし、ガチで検証していきますよ!

※tekaleのジェルネイルシールは日本企画開発で販売発送や顧客サービスも全て日本国内となりますが、初期コストを抑えるため一部海外自社工場で製造しているそうです。今後販売数が増えれば国内工場で完結するとのことですよ。

tekaleのメリット

ではさっそくtekale「Magic Gel Nail」の良いところをチェックしていきましょう!

ジェルネイルより安い

ohoraやジェラートファクトリーなどと同じで、最大のメリットはジェルネイルより安いこと。tekaleの公式ショップを見てみると一律で1,500円となっています。

ネイルサロンに比べると5分の1ほどの価格と言えますね。ちなみに現在はキャンペーン中で送料無料ですが、キャンペーン終了後の送料は以下の通りとなっています。

  • 商品の合計代金が5,000円(税込)以上の場合:無料
  • 商品の合計代金が5,000円(税込)未満の場合:全国一律300円

自分でできる

ネイルサロンに行く時間がない方にとって自分で出来るというのはメリットになるでしょう。

後ほど詳しくご紹介しますが、下準備から完成までかかった時間は大体1時間ほどでした。

クオリティが高い

誰でも簡単に装着できる上ジェルネイルのような厚みと透明感とのこと。

とは言え実際に付けてみないと分かりません。本記事にて詳しく実際に付けた工程と完成写真を掲載していますので、そちらをチェックしてみてくださいね。

tekaleのデメリット

メリットもあればデメリットもあります。

現時点でデザインは微妙

現在プロトタイプ販売中ということでデザインの種類は少ないです。さらに好みにもよりますが「う〜ん…私はあんまりやらないデザインかな?」というものがほとんど。

この点は好みにもよりますし(大事なことだから2回言いました)、今後改良を重ねて日本の流行デザインが出てくることを期待したいですね!

初期投資がかかる

先ほどメリットで「安い」とお伝えしましたが、tekale「Magic Gel Nail」をやるにはUV(LED)ライトが別途必要ですので持っていない方は用意する必要があります。

ただしtekaleでは現在キャンペーンを実施中で、公式ショップでジェルネイルシール2点を購入すると1,800円のUVライトが1つおまけで貰えるとのこと!UVライトを持っていない方には良いかもしれません。

tekaleを現役ネイリストが試してみた

さてtekaleについて分かったところで現役ネイリストがtekaleを試してみましたよ!

今回検証するtekaleは

今回検証するtekale「Magic Gel Nail」はこちら。ピンクとブラックのコントラストが可愛い「トリッキーゲーム」です。

参考画像:tekale

先ほども言ったとおり私が普段あまりやらないデザインですが…着けたらどうなるか楽しみです。

※同じデザインのものはすでに売切・欠品・販売終了の可能性があります。

tekaleの内容物は

tekale「Magic Gel Nail」はヤマト運輸のネコポスで届きました。

開けると、注文内容が書かれた用紙とtekale「Magic Gel Nail」が。

箱の裏はtekale「Magic Gel Nail」の装着方法が書かれた説明書となっています。

そして箱の中にはMagic Gel Nailとアルコールパッド、ミニファイルとミニウッドスティックが同梱されていました。

袋をはさみで切って開けるとtekale「Magic Gel Nail」計28枚のジェルネイルシールと、説明書が入っていました。

tekaleを付ける時に必要なもの

  • tekale「Magic Gel Nail」
  • ファイル(tekaleに同梱されているものでもOK)
  • プレプライマー(tekaleに同梱されているアルコールパッドでもOK)
  • ピンセット
  • UVライト
  • スポンジバッファー

tekaleの付け方

ではさっそく付けてみましょう。ジェルをオフした状態から付けていきますよ。

まずは同梱のアルコールパッドを使って爪の油分を除去。

爪に合うサイズを選びます。ここめちゃくちゃ重要!必ず爪の端から端まで当てて見てください。爪より大きいものより小さいものを選んでくださいね。

サイズに合うものが分かったら透明のシールを剥がし、

本体をピンセットを使って台紙から剥がし、爪の端の方から少しずつくっつけていきます。

※ピンセットの使用はtekale公式では触れられていませんが、粘着部分に触れて指の油分や水分がつくと持ちが悪くなる可能性があるので、ピンセットを使うことをおすすめします。

指の腹を使ってこすり、密着させます。

爪の端の方は同梱のウッドスティックを使って密着させましょう。あまり強く押しすぎるとよれてしまうので注意!

密着が十分にできたら余った部分をファイルで削り落としていきます。ファイルは斜め45度下に向かって動かすと削り落としやすいですよ。

もし余りが長すぎて削りづらければ、まず爪切りである程度の長さを切ってからファイルを使ってもOK!

ちなみに…私は同梱のファイルは小さくて使いづらかったため、大きいファイルを使いました。同じようにファイルが使いづらいと思った方は大きめのファイルを使うことをおすすめします。

余りを削り取ったらUV(LED)ランプで60秒硬化。

最後にスポンジバッファで爪の先端のザラザラをなめらかにして完成です。tekale公式ではアナウンスされていませんが、肌触りを良くしたり持ちを良くするためにこの工程はぜひ行って下さいね!

ということで完成した写真がこちら。

商品画像を見る限りはもう少しピンクかなと思っていたのですが、自爪が透けて見えるほどシアーなベージュでした。「トリッキーゲーム」を購入しようと思っている方はご注意を。

ここまでかかった時間はだいたい1時間ほどでしたよ。

tekaleの仕上がり

仕上がりを細かく見てみると、tekale「Magic Gel Nail」は硬化前は柔らかめなので、爪のカーブによってはシワが寄ってしまうことも。

硬化前にウッドスティックでシワをなくすことが大事ですが、強く押しすぎると表面に傷がついてしまうため力加減が難しいところ…。

そして装着方法のところで敢えて触れなかったのですが、おそらくtekale「Magic Gel Nail」は根本側が決まっていないのかもしれません(※公式に明記されていないので曖昧な表現にとどめています)。

というのもカーブが緩い方にもキツイ方にもアートが施してあるんですよね。自分の爪のカーブに合わせられるのは嬉しい反面、爪の長さによっては微妙にアートが残ってしまいます。

こうなってしまうと爪を短くするしか解決方法がないので、気になる方はこういうアートではないものを選ぶと良さそうです。

さて付け心地はというと、普通のジェルネイルよりも少し柔らかいかな?という感じ。自爪に厚みを出したいという方にはちょっと物足りないかもしれません。

割と曲がる

そしてキューティクルやサイドは他のジェルネイルシール同様、隙間は空きがちです。これはどのジェルネイルシールでも仕方のないところですね。

仕上がりが気に入らない時・持ちを良くしたい時は

シワが大きく寄りすぎて表面が凸凹してしまった…めちゃくちゃ気になる…。なんて時は、表面をスポンジバッファで光沢がなくなる程度に削り、トップジェルを塗ってあげると◎。

シワが目立たなくなるし、厚みも出るし、爪の先端であるエッジもトップジェルを塗っておけば(おそらく)持ちも良くなるしおすすめですよ。

トップジェルはなんでもOKですが、拭き取り不要のノンワイプタイプだと楽ちんです。こんなやつ⇓

ちなみにスポンジバッファを使う理由としては、

  • 削らずにそのままトップジェルを塗ると密着が弱く、トップジェルだけ簡単に剥がれてしまう可能性アリ
  • ファイルは目が荒すぎる=削れすぎてしまってカラーやアートが消えてしまう可能性アリ

ということでスポンジバッファがおすすめですよ。

※ちなみに今回わたしはtekale「Magic Gel Nail」そのままの持ちを検証したいので、特にシワのよりがひどい4本(左親指・中指、右親指・中指)だけトップジェルを塗りました。

tekaleを付けて生活してみる

さて、あと気になるのは持ちということでtekale「Magic Gel Nail」をつけて生活してみます。ちなみに、普段からわたしはジェルネイルを長持ちさせるために

  • なるべく爪の先端を使わない
  • 洗髪は指の腹で
  • 食器洗いはなるべくゴム手袋を装着

という点に気をつけて生活しています。

大体3週間〜1ヶ月で付け替えをしていますが、その間ジェルネイルが浮くことはありません(ごくまれに右手中指の根本側が少し浮くことがありますが、その他の指はまったく浮きません)。

※一般的に右利きなら右が、左利きなら左が浮きやすいと言われています。

以上の前提で、tekale「Magic Gel Nail」の経過を観察していきます!

付けてから1日目の夜

夕食を作って洗い物をしてお風呂入って…とした後。なんの変化もありません。

付けてから3日目

3日目の夜。相変わらず綺麗なままです。

付けてから5日目

変わりなし。

付けてから7日目

1週間経っても綺麗なままです。

ただ左親指のエッジが少し削れてきたのか、ちょっと気になります。浮いているわけではないんですけどね。

付けてから8日目

まだまだ行けそうだな〜と思っていた矢先。ちょっと見づらいんですが、右人差し指の先端に亀裂が入ってしまいました(自爪への亀裂はなし。tekaleのみに亀裂が入っちゃってます)。

付けてから9日目

とは言え、まだ亀裂はほんの少しだけだし大丈夫かなと思っていたんですが…次の日には亀裂が増えている/(^o^)\

さらに右中指には浮きが見え始め…、

左人差し指もバッキバキになってしまいました。

付けてから10日目

そして10日目。もう少し様子を見ようと思ったんですが、右親指も亀裂が入ってしまったためここら辺で検証を終えたいと思います。

ということで10日経った全指の様子はこちら⇓ よく使う人差し指や親指はやはり劣化が早く、あまり使わない薬指は小指は10日経っても綺麗なままでした!

tekaleをオフする(剥がす)方法

tekaleはサイドやキューティクルラインからウッドスティックを入れてオフすることができます。その際、クリアな部分だけが取れて粘着部分が爪に残ってしまうことが。

その場合はファイルやスポンジバッファで削り取ればOKですよ。

もしウッドスティックを入れても取れそうになかったり痛みを感じた場合は無理に剥がそうとせず、ジェルリムーバーを使って通常のジェルネイルのようにオフしてくださいね。

tekaleを実際に付けてみた感想

tekale「Magic Gel Nail」実際に付けてみた個人的な感想を綴ります。

装着方法は

tekale「Magic Gel Nail」は柔らかいので、シワにならないように貼るのが少し難しいです。

先ほどもご紹介しましたが、もしシワになってしまったらスポンジバッファで表面の光沢をとってトップコート(トップジェル)を塗るのがオススメ。シワも目立たたなくなりますし持ちも良くなりますよ。

付け心地は

tekale「Magic Gel Nail」だけだと若干強度に不安が。爪の強度を出したいという方はトップコート(トップジェル)を塗った方が良さそうです。

持ちは

この価格で10日持てばかなり良い方なのでは?と思いました。

今回の検証ではtekale「Magic Gel Nail」そのままの持ちを見たかったのでトップコート(トップジェル)を全部の指に塗らなかったのですが、すべてに塗れば2週間以上は持ちそうです。

今はtekale専用のトップジェルはないですが、正式リリースのときにはぜひ専用のトップジェルを期待したいところですね!

オフ(剥がし方)の手軽さは

かなり簡単にオフできました。粘着部分が残りがちなのですが、ファイルで削り取ればOKなので「オフは普通のジェルネイルより簡単」と思ってOKですよ。

まとめ

ということでtekale「Magic Gel Nail」のメリットや付け方、実際の持ちやオフの方法までまるっと全部ご紹介しました。最後にまとめると、

  • 付けるときシワになりやすい
  • スポンジバッファで光沢をとってからトップジェルを塗るのがオススメ
  • 持ちは10日前後(トップジェルを塗れば2週間ぐらいは持つ予感)
  • オフは手軽

といったところ。

現時点では「ohoraより多少持ちが劣るかな」という印象ですが、価格の安さを考えるとtekaleはめちゃくちゃ優秀!

さらにいま発売されているのはあくまでもプロトタイプなわけで…それでこのクオリティなので、正式リリースで持ちがもう少し改善されてデザインも日本の流行を取り入れればohoraを超えてくるのは間違いなさそうです。

ということでtekale「Magic Gel Nail」の検証でした。気になっていた方の参考になれば幸いです!

▶tekale公式サイトはこちら